賃貸部屋を借りるときの選び方や申込み時の注意点


必ず現地へ行って部屋や周辺環境を確認

インターネット上やチラシ広告の文字情報や部屋の写真だけを見て契約すると、「写真で見たより古びた部屋だった」「思ったより狭かった」など、失敗だと感じることが多くなります。建物や部屋、設備の状況などは、写真だけではなく、実際に見てみないとわからない部分もでてきます。また、周辺環境も部屋を借りるときの見逃せないポイントです。自分がよく利用する利便施設はあるか、交通の便の良さなども確認しておきましょう。これからの快適な新生活のために、必要な情報は自分の目でチェックして、判断することが大切です。良し悪しをさらに確認するために、1件に絞らずに、数件の部屋や周辺環境を比較検討するのがのぞましいです。

申込み金のトラブルに注意しよう

複数件の中で借りたい部屋が見つかったら、審査を受けるために入居の申込みをします。申込み書に氏名や住所、勤務先や保証人、収入などを記入して、これらの情報から審査してもらいます。このときに、物件を借りたいという意思表示として、申込み金を支払うケースもあります。この申込み金に関してのトラブルは多いので、気をつけるべきポイントとなります。申込み金は一時的に預けるお金なので返還されるもの。しかしながら、物件のキャンセルをしたときに、支払った申込み金の返還を拒む不動産業者もあるので要注意です。ですから、申込み金を求められたら、預り証をもらい、全額返還されることがちゃんと記載されているかをよくチェックしておきましょう。

江別の賃貸物件は、札幌市に隣接しており、家賃相場が札幌市の同等クラスの物件と比較しても、低価格帯の物件が多い状況です。そのため、居住地として人気の高いエリアです。

夢のマイホーム!注文住宅はどこで購入するのが良い?

リフォームを視野に入れるなら地元の工務店がおすすめ

注文住宅の施工を受け付けているところは多数ありますが、住宅購入後のリフォームを視野に入れる場合は、地元の信頼できる工務店を購入先に選ぶのがおすすめです。特に、戸建て住宅の修繕の実績が豊富な職人が揃っている工務店は、注文住宅の購入を希望する多くの消費者の間で人気が高まっています。最近では、注文住宅の施工を担当してくれる職人を顧客側が選べる工務店もあるため、早い時期から身近な地域にある店舗に相談をしてみると良いでしょう。また、それぞれの工務店の方針や職人の技量によって、注文住宅の施工費用に大きなばらつきが出ます。そこで、なるべく出費を安く済ませるには、時間をかけて評判が良い店舗の見積額を比較することが大切です。

価格の安さにこだわるならハウスメーカーに相談しよう

注文住宅の施工を専門に扱っているハウスメーカーの中には、顧客のニーズに応じて様々な価格帯の住宅を販売しているところが多くあり、予算に応じて家づくりをすることが可能です。価格の安さを売りにしているハウスメーカーにおいては、土地を含めて二千万円や三千万円で購入ができる注文住宅の施工を受け付けているところもあります。そこで、コストパフォーマンスにこだわって注文住宅を建てたい人は、いち早く評判が良いハウスメーカーの営業所や支店に足を運ぶのがおすすめです。なお、注文住宅にぴったりのデザインについて知りたい時には、人気のハウスメーカーが運営しているモデルルームの見学をしてみるのも良いでしょう。

都内の会社や学校への通勤通学に便利なのが、東京の注文住宅の特徴です。家族持ちの会社員に人気となっています。