狭小住宅でも狭さを感じないポイント5選!


狭い土地を賢く選ぶ方法

土地選びをするにあたって気を付けたいのが予算です。予算をかけすぎてしまうと建物代や諸経費が足りなくなってしまうため、限りある予算を計画的に使う必要があります。また狭小住宅の場合、狭い土地を最大限に活用できるよう、建ぺい率や容積率が高い土地を選びましょう。

徹底的に無駄を省いた間取り

狭小住宅を快適に過ごすためには間取りを工夫すると良いでしょう。水回りをまとめるなど、生活動線をしっかりと確保することで無駄のないスムーズな動きを実現できます。また上階はプライベートの空間にするなどの工夫を凝らすと暮らしやすくなります。

見た目にも格好良い収納

室内が狭い場合、家族が成長すると問題になってくるのが収納です。溢れる荷物を収納したいが整理する場所がない、こうなると室内は散らかり放題になり面積も縮まります。これらの問題を有効に解決してくれるのが壁面収納です。また床下収納や屋根裏収納という方法もあるので、更に多くの荷物を収納できます。

階段も無駄にしないレイアウト

上下階を繋ぐ階段は意外と場所をとるもの、この階段も工夫すれば立派な収納になります。階段には段差があるので凹凸のある収納になりますが、サイズに合わせて整理すれば綺麗に収まります。小さな荷物から大きな家電まできっちりと収納できるので管理しやすいです。

狭小住宅を選ぶメリット

狭い土地に住宅を建てるため狭小住宅となりますが、他の住宅にはない魅力もあります。それは都市部に持ち家ができ税金も安く済むことです。利便性の高いエリアで家を持つことができ、住宅取得や維持管理のための税金が安く済むことは大きなメリットです。

一般的に15坪以下の土地に建てられた住宅は、狭小住宅と呼ばれています。土地の狭さをフォローするため、延床面積をを増やすために地下室を設けたり、三階建てにするなど、工夫に富んでいます。