引っ越しの手順をリスト化!もれなくスピーディーに


やることが目白押しの引っ越し

引っ越しにつきものなのが事務作業の多さです。荷物をまとめるのだけでも大変ですが、引っ越しの見積もりから始まり、電気・ガス・水道などの手続き、役場や郵便局への書類提出、クレジットカードなどの変更などなど、やることもたくさんあります。賃貸の場合には1カ月前までに、管理会社へ退去するという連絡も必要です。
中には、すぐにやらなくても困らないけれど必ずやらなければいけないことも含まれていて、どれから手を付けてよいのか…と悲しくなってしまうかもしれません。
そんな引っ越しブルーを予防し、新天地でスタートダッシュが切れるように、引っ越しTO DOリストの作成がおススメです。

まずは書き出し、洗い出しから

まずは、思いつくままに書いていきましょう。お勧めは時系列に沿って考えてみることです。すぐにやらなきゃいけないことをどんどんと書いていきます。そうしている間に時系列には含まれないけれど、やらなきゃいけないことがポンと思いつくことがあるので、それも忘れずに横にメモをしておきます。例えば、ポイントカードの住所変更手続きなど急ぐ必要がないものでも思い出したものは、こちらのリストに書いていきましょう。

リストを清書して優先順位をつける

いったん、出し尽くしたと思ったら清書をしましょう。もちろん後からいつでも追加できます。完璧主義にならないことが、引っ越しストレスを軽減するコツです。
自分がやること、家族がやることなどを分担するのもこのタイミングです。今日から1週間以内にやること、引っ越しの前にやること、引っ越しのあとにやることなど、ざっくりスケジュールごとにリストを清書します。
終わったら1つずつ消していくので達成感を得られますし、もれなくミスなく事務処理をクリアできますよ。

バスセンター前の賃貸物件はなんといってもそのアクセスの良さ。センター前なのでお店も多く、車がなくても交通手段があるので大変便利です。

快適に生活ができる環境を探そう!自分に合う賃貸マンションの探し方のコツ


安心して住める物件を選ぶには

一人暮らしをする時は賃貸マンションを選ぶと快適に過ごせ、安心して住みやすい物件を探したい時は不動産屋と相談するときっかけをつかめますよね。住宅物件は設備が新しいと安心して快適に住みやすく、生活のスタイルに合わせて間取りを確かめて決めると良いでしょう。
賃貸マンションはオートロックがあれば不審者が侵入することを防げ、女性でも一人で安心して暮らせますよね。物件を選ぶ時は事前に見学をすると目で内部の状況を確認でき、納得をしてから決めると効果的ですよ。

最適な契約内容を探そう

一人暮らしをする時は賃貸マンションを選ぶと生活の拠点になり、不動産屋と相談して最適な契約内容を探すと良いですよね。契約を結ぶ場合は家賃以外に敷金や礼金など初期費用が必要で、契約書に必要事項を記入して期日までに手続きを済ませる必要があります。
契約内容はサインすると退去するまで変更できないため、納得をしてから決めることが大事です。入居する時は不動産屋が物件のオーナーと交渉するため、入居日を決めてスタッフの指示にしたがって手続きを完了させることが求められます。

生活の拠点として便利な場所を選ぶ

賃貸マンションを借りる時は周辺の状況を確かめ、生活の拠点として便利な場所を選びたいものですよね。一人暮らしは近くにコンビニやスーパーなどがあれば買い物にも行きやすく、駅の近くなど交通の便が良いと通勤や通学にも役に立ちますね。

マンションを借りて生活をする時は事前に見学をすると住みやすい環境を探せ、納得をしてから決めることができます。

交通アクセスと買物環境が良好なのが、東札幌の賃貸の魅力です。物件によっては、格安で借りることができるものもあります。

家を買うのはまだ?今は賃貸で過ごした方がよい理由とは


賃貸の最大のメリットは「自由」

毎月家賃を払って賃貸住宅に住むのはバカバカしい、という意見はよくあります。
しかし、考えてみてください。
現金一括払いで家を買える人ならば別ですが、ローンを組んで買えばその返済に相当な金利を支払うことになります。そして、ローンの返済者が死亡するなど返済不能となる場合に備えて、保険に加入する必要もでてきます。また、固定資産税も払わなければいけません。その他、建物は傷んだり設備が壊れたりしますので、後にその修繕費を払う必要もでてきます。
一方の賃貸ですと、それらが必要ありません。
もっとも、それらの費用が家賃に含まれているという考え方もできますが、それでもそこには大きな違いがあります。
それは、ローンで家を買った場合には簡単に転居ができない、という点です。
収入が減って毎月の返済が苦しくなった、近隣に迷惑な人が住みついてしまった、夫婦で離婚や別居をすることになった、子供が独立して家を出ていった、などの場合に持ち家でローンが残っていると、転居によってライフスタイルを変えることが難しくなります。
しかし賃貸ですと、つねにその「自由」が残されています。
賃貸の最大のメリットは、そこにあるのではないでしょうか。

今後は家の値段が下がるでしょう

日本はすでに、人口減少社会に突入しています。
今もずいぶんと空き家がありますが、これからもさらに増えていくでしょう。そして同時に、過疎地域も増えていきます。
よって、家の値段もどんどん下がるでしょう。
ですから、しばらく賃貸で過ごし人口の減る地域とそうでない地域を見極め、その時に安くなった家を買うという選択もよいのではないでしょうか。

落ち着いた住宅街で住みたい人には円山公園周辺、便利に住みたい人には大通・中島公園周辺というように、札幌市中央区の賃貸は幅広い層に注目されています。