失敗しない!住宅の選び方についてのまとめ


どんな暮らし方をしたいかを書き出してみましょう

マイホームと一口に言っても一戸建てもあればマンションもあります。一戸建てにも分譲住宅と注文住宅に分けられますし、新築にするか、中古にするかというような選択肢もあります。種類が多いとどれにするか迷う人も多いのではないでしょうか。どんな住宅にすればいいのか迷うという人は、住宅の種類はひとまず置いておいて、自分たちがどんな暮らしをしたいかを思いつくままに書き出してみましょう。現在住んでいる賃貸からマイホームを購入したいという人は、自分の持ち家が欲しいというのが最大の理由だと思いますが、それ以外にも漠然としたマイホームだから実現できる自分たちの理想の暮らしというのが必ずあるはずです。実現不可能だというようなものでも構わないので、まずは思いつくままに理想とする暮らし方を書き出してみましょう。

優先順位をつけ、最も理想に近い家を見つけましょう

全員の意見を聞いて理想とする家のイメージを書き出したら、その中で優先順位を付けます。全員で話し合って全員が実現したいと思うものについては絶対に譲れない条件とします。書き出した理想の条件も家庭によってさまざまであれば、絶対に譲れない条件も家庭によってさまざまです。絶対に譲れない条件を設定できれば、それがその家族に最も適した住宅を選ぶ基準になります。譲れない条件を設定すると物件情報を見る目が全く変わってきます。今まで漠然と一戸建てがいいと考えていた人が譲れない条件を家族で話し合った結果、実はマンションのほうが条件に適う物件が多かったというケースも多々あります。

フリーダムアーキテクツの公式サイト

どんな物件を選ぶ? マンション選びに必要な「長期的視点」


購入予算から物件を決める

マンションにはいろいろなタイプがありますが、どれも安い買い物ではありません。物件探しをする前に、どれくらいの予算を用意できそうか考えておきましょう。たいていの場合、マンションを買うときはローンを組むことになるので、予算というよりは「借りられる(返済できる)金額」といえます。なお、頭金をなるべくたくさん用意するとローンの金額を減らせますが、頭金がゼロだとしてもマンション購入は不可能ではありません。月々の返済を考えると、なるべく若いうちに購入を決めたほうが有利になります。若いほど定年退職までの時間があるので、ゆったりと時間をかけて返済できるからです。自分がどれくらいのお金を借りられるのかは、物件のモデルハウスや不動産業者に行くと相談に乗ってくれます。

家族構成などの人生プランを考えよう

マンション購入を考え始める人の立場はいろいろです。結婚がきっかけの人、子どもの小学校入学をひかえて考え始める人などです。独身でも購入を考える例はありますし、人生の晩年を迎えて広い一軒家からコンパクトなマンションに移ろうと考える人もいます。どのような立場であれ、中長期的な人生プランを想定しておくと物件選びが楽になります。たとえば夫婦の場合、近い将来に子どもが生まれる予定があるのかどうかで必要となる間取りが異なるからです。仮に、想定外で家族に増減があって購入した物件が住みにくくなったとしても安心してください。賃貸に出したり売却したりする選択肢があります。築年数がある程度経過していても需要はあります。

柏のマンションの価格は、現在2000万円台で推移しております。一時期、高騰傾向にありましたが2018年4月現在は2000万円台です。

これだけは押さえておきたい賃貸物件の探し方とは


立地条件にこだわり過ぎないこと

賃貸物件の値段は、物件の新しさと立地の良さで決められているといっても過言ではありません。特に立地の良さは、通学や通勤する人にとっては非常に重要な問題です。駅まで徒歩1分の場所と駅まで徒歩20分の場所では、通勤や通学にかかる時間が大幅に変わってくるのは間違いないところです。このように考えれば、少しお金を払ってでも立地の良いところを選ぶ人も少なくありません。

ですが、駅前などの立地の良いところは、半面騒がしい可能性が高いです。駅前通りに面した所や繁華街のすぐ近くならば常に人が行きかい、中には大声で話す人もいるでしょう。そのような場所ではなかなか落ち着いて眠ることができない可能性もあります。駅から近い所に住む場合には、何度か現地の視察をすることが大事です。昼間に行くだけでなく、可能ならば夜にも現地に行ってみましょう。

物件の全体を見ることが必要

物件を借りる場合には、いくつか見て回ると必ず気に入った部屋があります。気に入った部屋は自分にぴったりの部屋だと感じて、思わず即決してしまうかもしれません。例えば、ワンルームマンションの場合にはロフトが付いており、絶対にロフト付きの物件がよいと考えていた場合にはその部屋を選ぶことになるでしょう。ですが、そこばかりに気をとらえていざ引越しして住んでみると水回りなどが使いにくいこともあります。料理をするのにキッチンが非常に狭い場合や、日当たりが良いけども逆に日当たりが良すぎて部屋の中はすぐ暑くなってしまうこともありますので、総合的に判断する視点を忘れないことです。

苫小牧の賃貸物件は減少傾向ではありますが、安く借りることができるため隠れた人気があります。人口は減少傾向ではありますが車さえ所持していれば特段問題はないでしょう。

賃貸物件の探し方には今では様々ありますよ。


賃貸物件の探し方は不動産に来店するだけでは無いです

一昔前の賃貸物件の探し方と言えば不動産屋さんに出向いて探すしか方法がありませんでした。しかし今ではインターネットを活用した探し方もあります。それぞれについて記載していきます。

不動産屋さんに来店するメリットを伝えます。

とは言え不動産屋さんに来店して相談する方法を利用している人が多いのも事実です。間取りや周辺環境については実際に不動産屋さんのスタッフと話をしないと分からない部分があり、インターネットでは分からないです。しかも不動産屋さんによってはすぐに物件を紹介してもらう事もできます。賃貸物件に入居する場合には仲介手数料や火災保険などの費用が必ず必要になりますが、不動産屋さんに来店するとそのような具体的な相談も可能です。インターネットでは分からない部分です。物件によっては注意点がある場合もありますが、そのような点もきちんと教えてもらえます。

インターネットも利用できます。

しかし日頃仕事などでなかなか不動産屋さんに来店できない場合には、インターネットなどを利用して賃貸物件の情報を検索する必要があります。最近では物件の詳しい情報を入力して検索する事が可能になっており、希望に近い物件を探す事が可能です。希望の物件が見つかった場合には不動産屋さんのスタッフと連絡を取ることも出来ます。

最近では希望の物件がらない場合でも、インターネットを通じて希望の物件を探すという独自のサービスを提供している場合もあります。このようなサービスは来店型の不動産屋さんではなかなか見つからないサービスです。

旭川は、冬は寒くマイナス20度まで気温下がる日があります。旭川の賃貸を探すなら、築年数が古い建物は凍結しやすいので、注意した方が良いです。