間取りを決める際に注意しておきたいポイントを押さえておこう


オシャレを重視しすぎると住みにくい家になる

注文住宅を建築するという人は、自分たちのマイホームについて、並々ならぬこだわりを持っている人たちばかりです。そういった人たちの中には、だれが見てもオシャレと感じてもらえるような家を建設したいと考えている人もいるでしょう。しかしながら実はオシャレと家の使い勝手というのは反比例することが多いものなのです。例えば狭い敷地でも空間を広く見せることが出来る、「スキップフロア」という場所を設けると中2階があるような見た目になり、子供たちもワクワクするようなスペースになります。しかしその一方でこういった造りの室内は部屋全体が広くなるために冷暖房の効率が悪くなって光熱費が高くなります。また将来的なことを考えると自分たちが高齢者となった際には危険で住みにくい家になってしまうでしょう。

将来的なことも考えて部屋の設計をしよう

また室外からの目線を気にしてリビングを2階に配置するというところも多いですが、リビングというのは家にいる中でも一番リラックスできるスペースなので過ごす時間が長い場所です。しかしそんなリビングを2階に作ってしまうと、高齢者になって足腰が弱くなったときに階段の上り下りが大変になってしまいます。また、リビングが1階にないと、1階には人がほとんどいないので、却って泥棒の侵入が容易になるなど、防犯面でも問題が出てきます。そのほかオシャレを重視する人は天井に天窓を付けるという人も多いですが、窓が屋根にあるという事は掃除が大変だという事を考慮しなければいけません。

京都の注文住宅メーカーの中には、長期間住むことができる住宅性能に優れた長期優良住宅を施行しているメーカーがあり、国から承認された住宅なので安心です。