家を買うのはまだ?今は賃貸で過ごした方がよい理由とは


賃貸の最大のメリットは「自由」

毎月家賃を払って賃貸住宅に住むのはバカバカしい、という意見はよくあります。
しかし、考えてみてください。
現金一括払いで家を買える人ならば別ですが、ローンを組んで買えばその返済に相当な金利を支払うことになります。そして、ローンの返済者が死亡するなど返済不能となる場合に備えて、保険に加入する必要もでてきます。また、固定資産税も払わなければいけません。その他、建物は傷んだり設備が壊れたりしますので、後にその修繕費を払う必要もでてきます。
一方の賃貸ですと、それらが必要ありません。
もっとも、それらの費用が家賃に含まれているという考え方もできますが、それでもそこには大きな違いがあります。
それは、ローンで家を買った場合には簡単に転居ができない、という点です。
収入が減って毎月の返済が苦しくなった、近隣に迷惑な人が住みついてしまった、夫婦で離婚や別居をすることになった、子供が独立して家を出ていった、などの場合に持ち家でローンが残っていると、転居によってライフスタイルを変えることが難しくなります。
しかし賃貸ですと、つねにその「自由」が残されています。
賃貸の最大のメリットは、そこにあるのではないでしょうか。

今後は家の値段が下がるでしょう

日本はすでに、人口減少社会に突入しています。
今もずいぶんと空き家がありますが、これからもさらに増えていくでしょう。そして同時に、過疎地域も増えていきます。
よって、家の値段もどんどん下がるでしょう。
ですから、しばらく賃貸で過ごし人口の減る地域とそうでない地域を見極め、その時に安くなった家を買うという選択もよいのではないでしょうか。

落ち着いた住宅街で住みたい人には円山公園周辺、便利に住みたい人には大通・中島公園周辺というように、札幌市中央区の賃貸は幅広い層に注目されています。