どんな物件を選ぶ? マンション選びに必要な「長期的視点」


購入予算から物件を決める

マンションにはいろいろなタイプがありますが、どれも安い買い物ではありません。物件探しをする前に、どれくらいの予算を用意できそうか考えておきましょう。たいていの場合、マンションを買うときはローンを組むことになるので、予算というよりは「借りられる(返済できる)金額」といえます。なお、頭金をなるべくたくさん用意するとローンの金額を減らせますが、頭金がゼロだとしてもマンション購入は不可能ではありません。月々の返済を考えると、なるべく若いうちに購入を決めたほうが有利になります。若いほど定年退職までの時間があるので、ゆったりと時間をかけて返済できるからです。自分がどれくらいのお金を借りられるのかは、物件のモデルハウスや不動産業者に行くと相談に乗ってくれます。

家族構成などの人生プランを考えよう

マンション購入を考え始める人の立場はいろいろです。結婚がきっかけの人、子どもの小学校入学をひかえて考え始める人などです。独身でも購入を考える例はありますし、人生の晩年を迎えて広い一軒家からコンパクトなマンションに移ろうと考える人もいます。どのような立場であれ、中長期的な人生プランを想定しておくと物件選びが楽になります。たとえば夫婦の場合、近い将来に子どもが生まれる予定があるのかどうかで必要となる間取りが異なるからです。仮に、想定外で家族に増減があって購入した物件が住みにくくなったとしても安心してください。賃貸に出したり売却したりする選択肢があります。築年数がある程度経過していても需要はあります。

柏のマンションの価格は、現在2000万円台で推移しております。一時期、高騰傾向にありましたが2018年4月現在は2000万円台です。