地域性に合わせた住宅設計を行うことの重要性

寒冷地に家を建てる場合

注文住宅を建てる際には、地域性を踏まえて建築設計を行うことが重要になります。例えば、北海道や東北地方のような寒冷地に家を建てるのであれば、冬場でも室内が冷え切らないように断熱性を重視した設計にする必要があります。また、雪が積もって建物に大きな負荷がかかる可能性があるため、大雪でも耐えられるように、十分な強度を持った建物にしなければなりません。寒冷地に家を建てる場合には、通常よりも柱を太めにしたり、断熱材を多めに入れるといった工夫が求められるのです。

観光地に家を建てる場合

次に、観光地に家を建てる場合には、周囲の景観を損なわないデザインにしなければなりません。例えば、周りに昔ながらの日本家屋が立ち並んでいるのに、一軒だけ洋風モダンな外見をしていたら、せっかくの景観が台無しになってしまいます。地域によっては条例などで建物のデザインを制限しているケースがありますが、そういった規制がない場合でも、少しは周りの環境を意識して外見をデザインするようにしましょう。

地盤が弱いエリアに家を建てる場合

地盤が弱いエリアに家を建てる場合には、事前に地盤調査を行ったうえで、しっかりと基礎工事を行うことが大切です。せっかく頑丈な家を建てても、地盤が脆弱であれば、少しの地震で建物が大きなダメージを受けてしまう恐れがありますので、くれぐれも基礎工事は入念に行うようにしましょう。もし土地探しからはじめるのであれば、あらかじめ地盤が弱そうなエリアにある物件は候補から外すようにするというのも一案です。

福岡の注文住宅は二世帯住宅にするだけの広さを確保できます。土地が広くなくても二階建て、三階建てにする事で問題を解決できます。